本文へジャンプ

電解による活性水素水


水素の製造方法は大きく分けて2つ。まずは、天然ガスなどの化石燃料から取り出す方法。最もコストが安く一般的だが、生成の際に温暖化ガスを排出してしまう。もうひとつの方法は電気を使って水を電気分解して水素を取り出す方法だ。水にエネルギーを与えると、分子状水素と分子状酸素に分解されます。この化学的特性を基に、二つの電極をイオン交換膜で隔絶すると、陽極側 には酸素(ガス)を多量に含む水が、陰極側には水素(ガス)を含む水(水素水)が生成されます。

電解水生成装置は、食塩水を原料として電圧をかけ、アルカリ性および酸性の水を生成する装置です。これらの電解還元水のうち酸性のものは活性種として次亜塩素酸などを含み、除菌、消毒用などに用いられる。活性酸素による過酸化状態を還元させる。
活性酸素は酸素由来の物質で、空気中の酸素より酸化する力が強いという性質を持っています。活性酸素が体に与える影響は複雑ですが、さまざまな病気に関係していることは多くの医師や研究者が認めることです。